アトリエどみのについて

「アトリエどみの」は鴨下易子と平手小百合が主宰する、声と

 からだのラボです。

 声に対する興味という共通点をきっかけに、様々なメソッドを

 体験した鴨下と平手が現在の場所(東京都練馬区)に独自の稽古

 場を開いたのが1999年。
 以来、フェルデンクライス・メソッドの発想をベースにした

 からだのレッスンを、個人およびグループを対象に行っています。


 また、トマティス・メソッドで学んだことを創始者の没後も

 自らを実験台に探求し続け、これら2つのメソッドを統合して

 「声とからだの調律」というカタチにまとめました。

● プロフィール ●

 フェルデンクライス・メソッドの教師養成講座(パリ5期)を1998年に卒業し、

 IFF公認の国際資格を取得。


 トマティス・メソッドは創始者の故A. トマティス博士が直接指導する
 CAV(カーヴ=聴覚発声法)をパリで数回受講。以後20年に渡って研鑽を
 積んでいます。これらをベースに「声とからだの調律士」として現在活動中。